血圧が私たちに影響すること

人間誰しもが体中に血がめぐり生きています。そして血が流れるということは血圧が存在しています。私たちを生かしてくれている心臓とその血圧。その血圧の状態からどのような病気にかかってしまうのでしょうか?

血圧の高低で体に影響すること

血圧とは、血管の中を流れる血液が血管に与える圧力のことを指す言葉です。
心臓は、収縮と拡張を繰り返すことによって全身に血液を送り出しています。
心臓が収縮した時には、血液が大動脈に送り出されますから、血管にかかる圧力は高くなります。
これは収縮期血圧とも呼ばれ、高い方とか上の方とも呼ばれることもあります。
一方、心臓が血液を送り出した後は心臓が拡張して、肺などから血液を吸い込むため血圧の値も低くなります。
こちらは拡張期血圧とも呼ばれ、低い方とか下の方と呼ばれることもあります。
血圧の高低によって体にもたらされる影響としては、たとえば各種臓器の機能に対するそれを挙げることができます。
たとえば、血流が増えることによって血管に高い圧力がかかるようになると、それを解消するために、腎臓が余分な水分を少しでも排出しようと作用します。
そのことによって腎臓機能に負担がかかり、腎症が発症する可能性もあります。逆に低い場合は、脳や心肺、消化器への血量が不足しているため、眩暈や息切れ、食欲不振などが出てくる場合があります。
そしてこの高低による影響は、普段の生活の中でも気をつけなければならないことです。
その最たるが温度差による高低です。
冬場、温かいリビングから入浴のために冷えた浴室に入ります。すると血圧は急激に上昇し、入浴のために衣服を脱ぐことでそれは更に進行します。
そしてその状態のまま、寒いからと言ってかけ湯もしないで温かいお湯の中に入ると、その瞬間、血管は拡張し血圧は急激に下降します。すると失神してしまったり、血管が破れてしまったり、詰まってしまったりして心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中などを引き起こしてしまうこともあります。
計測でもしない限り、数値として目には見えない血圧ですが、全身の血管が関与しているだけに、その高低が体にもたらす影響はとても大きいのです。

むくみと血圧の原因

むくみは、高血圧と関係があります。高血圧になると、血液の流れが悪くなるため、循環器に障害が出たり、体温が低くなったりします。
また、酸素が不足することによって、身体の様々な機能が低下していきます。
代謝機能が落ちていくため、むくみとなって身体に変化があらわれるようになります。
むくみは、手や足、顔などにあらわれます。むくみがある場合には、病院を訪ね、診察をしてもらうことが必要です。
多くの場合は、血圧が高くなっていますので、血圧を下げる治療や、食生活の注意を受けるなどします。
また、腎臓等、臓器の疾患によって、血圧が上がり、むくみという現象が起きることもあります。
そういった場合は、悪い部分を治す治療をしてもらいます。また、日頃の生活の中で、自分達で気をつけることを医師等から教わります。
むくみを解消するためによい食品や飲み物なども多くありますので、自分達に合うものを試してみるなどして、努力をすることも必要です。
まず医師に相談をし、治療が必要な場合は治療をしてもらい、日頃も自分達で出来る努力をすることが大切なこととなります。
漢方薬などが効くこともあります。しかしこういったものも、効果がよくあらわれる人と、そうでもない人、さらには副作用があらわれる人など、体質の違いによって、効果は様々となります。
したがって、医師と相談をしながら、自分に向いた食品や飲み物、薬品を決めることが必要です。
ひとりであれやこれやと悩むことは無意味なことです。
専門的な知識と多くの人達と関わり、経験豊かな医師に何でも相談出来ることが大切なこととなります。
自宅の近くや職場、学校の近くに信頼出来る医師がいることが安心出来ることとなります。

若い世代の血圧事情

若い世代では、会社に所属して毎年健康診断を受けるという場合には、血圧測定などをして自分の平均を知ることができるでしょう。
しかし、バイトやもしくは派遣会社勤務という場合には、多くは自己管理となるために、若い世代で積極的に健康診断を受けようという人は少ないかもしれません。
そのために、普段のどのくらいの血圧をしているのか、まったく予測がつかないこともあるのですね。中には、まだまだ若いから大丈夫だろうと思っている人も少なくありません。
確かに高血圧は生活習慣病と呼ばれ、これまでの生活習慣が大きく反映されます。今は昔と違い高カロリーの食事や肉を中心とした食事が多いですね。
またスイーツなど習慣にしている人もいるかもしれません。そのような食生活を続けると、血液がどろどろになったり、血液中の糖が高くなって、それにより血管内部が傷んでいる場合もあるのです。
食生活だけなく、運動や仕事なども大きくかかわりますね。適度な運動は血流が良くなるので、血管を走行する血液に良い影響があります。
しかし、まったく運動をしない場合には、血液のドロドロ化が進んだり、メタボが進み、血圧が高くなる要因になります。また仕事はストレスを抱えるために自律神経が乱れ血圧が高くなる場合もあります。
しかしこれらを見てみると、決して中高年層に見られることではありませんね。若い世代でもジャンクフードを日常的に摂っていることや運動を全くしないということで血圧が高くなるということもあるのです。
それに付随する症状が出るとわかりやすいですが、それが出にくいために、血圧が高くなっても気が付かないことが多いです。
若い世代でも無理をせず、規則正しい生活や食生活を心掛けることが大切なのですね。
■血圧上昇を抑える効果
ミカルディスで脱高血圧
ノルバスクの成分、アムロジピン
■血圧に関る薬が買える
あんしん通販薬局の口コミを見る